×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローンを計算する

住宅ローンを計算する場合の注意点

家を購入するために、住宅ローン(普通銀行や信用金庫の他、信販会社などでも取り扱っています)を組む時は、金利(短期と長期があり、長期の方が高い傾向にあるでしょう)や返済額に関して計算しなけれねダメなのです。月々幾らずつの支払いになるのか、今の年収で無理なく払える範囲の金額かのかがわからなければ、住宅ローンは使えありません。住宅ローン(住宅やそれを建てる土地を購入するために、金融機関から融資を受けることをいいます)は、家だけでなく分譲マンション(高級感を与えるために住宅販売業者などが使い始めたと言われています)を購入する時にも使えますが、予め知っておきたい場合があります。マンションや家を買う時は、業者の人が住宅ローン(普通銀行や信用金庫の他、信販会社などでも取り扱っています)の計算書をつくってくれる事が多いですが、大半の場合、金利(お金を貸したり、借りたりする際に発生する賃借料のことをいいます)がより低い変動金利(お金を貸したり、借りたりする際に発生する賃借料のことをいいます)でシミュレーションをしてくると呼びます。一見負担が少なく見えるからです。販売者側がだしてきたローンの計算書をみて今の家賃と同じようにらいだから家を買うことができると判断してしまうのが危険です。現在の金利(利子、利息といわれることもありますが、法律用語では利息を使うのが一般的でしょう)がずっと続いたらという前提で計算をすれば、金額は低くなると思います。変動金利(お金を貸したり、借りたりする際に発生する賃借料のことをいいます)とは、今後金利(利子、利息といわれることもありますが、法律用語では利息を使うのが一般的でしょう)が高くなった時には利息も増えることを前提にして、今今の金利を安く設定しているというものです。固定金利(元金に対する一年間の割合を「年利」、一ヵ月の割合を「月利」、一日あたりの割合を「日歩(ひぶ)」といいますの住宅ローン(一定の条件を満たさないと審査に通りませんが、その審査基準はその金融機関によって畭なります)は、金利があがっても現在の金利(お金を貸したり、借りたりする際に発生する賃借料のことをいいます)で返済し続けるというものです。経済学のプロでも、今後十年刻みで金利(元金に対する一年間の割合を「年利」、一ヵ月の割合を「月利」、一日あたりの割合を「日歩(ひぶ)」といいますの予測をするのはまず無理です。未来の金利(利子、利息といわれることもありますが、法律用語では利息を使うのが一般的でしょう)予測が出来ない中で、変動金利に基づく計算をする事が、変動金利(利子、利息といわれることもありますが、法律用語では利息を使うのが一般的でしょう)のむずかしいところです。家を買おうとやる人はなかなか冷静は判断ができないものです。どんな条件(満たすことができないと望みや要望が叶えられない可能性が高いです)で住宅ローン融資をうけるかは、住宅会社のつくった計算書だけを決めるのはリスクがあります。